StarBEDの特長と利点

1.StarBEDの特長

StarBEDが持つ特長は以下の様なものがあります。

  • 集中型で1,000台を超える大規模なエミュレーション基盤
    個別技術の開発現場では準備できない規模の環境を用意しています。その上、検証には実機をそのまま利用することができます。 そのため、規模拡張性を含む現実性という面において、より精度の高い検証が可能です。

  • 検証を支援する様々なシステムを提供
    検証実験を支援する以下の様なシステムが研究開発されており、個々の実験に応じてご利用頂けます。
    •  ・検証環境構築支援システム「SpringOS」
    •  ・モバイル環境エミュレータ「QOMET」
    •  ・ユビキタス環境生成システム「RUNE」
    •  ・超多重VM環境生成システム「XENebula」
    •  ・背景TG「TG XBurner」 etc
      特に、検証環境構築支援システム「SpringOS」は割り当てられたノードに対して、電源の一括管理/環境の保存・複製/シナリオ実行などの、大規模な環境を活用するための機能を提供するもので、StarBEDを利用する際の基本的なツールとなっています。
  • 外部連携による統合検証環境
    JGNやWIDEの研究ネットワークにも接続されており、外部と連携した統合検証環境としてご利用いただけます。

2.StarBEDの利点

特長のほか、StarBEDをご利用いただく利点としては次のようなものが挙げられます。

  • 実システム用のソフトウェアをそのまま検証できる
    • ・バイナリコードレベルでの検証が可能
    • ・実時間ベースでの検証が可能
    • ・最終製品に近い形のシステムを検証可能
  • 失敗の許容により、イノベーションが加速する
  • よりディペンダブルな製品の研究開発ができる
  • 技術全体から見て、トータルな検証コストが削減できる
    • ・素早いR&Dサイクル・TTMの短縮
    • ・設備・ツール・知識の共有と再利用によるR&Dの低コスト化
  • 検証専用の環境
    • ・必要な時、必要な分、大規模な設備を時間・空間分割で利用可能
    • ・閉鎖空間を構築可能
    • ・クリーンな環境が利用可能

このページのトップにもどる

StarBED設備(PCサーバと相互接続スイッチ)

StarBED設備(PCサーバと相互接続スイッチ)

拡大


SpringOSの概要

SpringOSの概要

拡大


各種エミュレータを利用したデモ

各種エミュレータを利用したデモ

拡大