プロジェクトの歴史

1. 第1期プロジェクト「StarBED1」

年月日 主な内容

2002.04.20

通信・放送機構(TAO)北陸IT研究開発支援センターを開所

2002.04.20

施設・設備の整備を行い、512台のPCサーバを相互接続スイッチで接続した大規模汎用インターネットシミュレータとして「StarBED」を構築・運用を開始
各期のプロジェクト名とミッションスコープ、そして研究トピックの継続と拡大

各期のプロジェクト名とミッションスコープ、そして研究トピックの継続と拡大

拡大

2. 第2期プロジェクト「StarBED2」

年月日 主な内容
2006.04.01 168台のPCサーバを追加導入:トータル680台
2006.06.17 北陸リサーチセンター開所。
NICT拠点研究開発として、次世代ユビキタスネットワークシミュレーション技術の研究開発を開始しました。
2007.04.01 150台のPCサーバを追加導入:トータル830台
2007.10.01 「北陸リサーチセンターワークショップ(第1回)」を開催イベント
- StarBED Technical Workshop 2007 -
2008.10.24 「北陸リサーチセンターワークショップ(第2回)」を開催イベント
- StarBED Technical Workshop 2008 -
2009.04.01

240台のPCサーバを追加導入:トータル1,070台

数百~100万台レベルまでの統合的な実験・検証ができる世界最大規模のエミュレーション基盤となる

2009.06.11 「Interop Tokyo2009 クラウドコンピューティングコンペティション」に、世界有数の大規模テストベッドStarBEDを提供イベント
2009.12.08 「北陸リサーチセンターワークショップ(第3回)」を開催イベント
- StarBED Technical Workshop 2009 -
2010.03.30 「ICTシステムテストベッドに関する国際シンポジウム」をJAISTと共催で開催イベント
- International Symposium on ICT System Testbeds -
2010.06.09 「Interop Tokyo2010 クラウドコンピューティングコンペティション」に、世界有数の大規模テストベッドStarBEDを提供イベント
2010.12.31 第2期プロジェクト「StarBED2」を終了
2011.01.27 「ICTテストベッド戦略2011 ~JGN2plus・StarBEDジョイントシンポジウム~」を開催イベント
2011.03.31 組織変更に伴い、北陸リサーチセンター閉所


3. 第3期プロジェクト「StarBED3(スターベッド・キュービック)」

年月日 主な内容
2011.04.01 NICT テストベッド研究開発推進センターの研究機関として、北陸StarBED技術センターが開所。
JGN-Xとの相互連携を図りつつ、大規模エミュレーション基盤として、新世代ICTシステムへの対応やR&Dライフサイクルサポートを目標に掲げ、研究開発を開始しました。
2011.04.01

10年間使用してきた512台のPCサーバを廃棄
新たに552台の高スペックのPCサーバを追加導入:トータル1,110台

2011.06.09 「Interop Tokyo2011 クラウドコンピューティングコンペティション」に、世界有数の大規模テストベッドStarBEDを提供イベント
2011.10.13 「新世代ICTテストベッドシンポジウム2011」を開催イベント
2012.04.21 「Hardening Zero」に、 StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント
2012.10.04 「Hardening One」に、 StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント
2013.04.01

新たに288台の高スペックのPCサーバを追加導入:トータル1,398台

2013.07.04 「Hardening One Remix」に、 StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント
2014.06.21 「Hardening 10 APAC」に、 StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント


4. 第4期プロジェクト「StarBED4(スターベッド・フォース)」

年月日 主な内容

2016.04.01

第3期プロジェクト「StarBED3」の成果をさらに広く応用するため、2016年から「StarBED4」プロジェクトを開始。
すべての人やモノがネットワークに接続される IoT時代の検証基盤を構築するため、PCだけではなく携帯電話やセンサーなど常に身近にあるデバイスが動作する基盤と、それらをつなぐ温度場や電磁場までも検証環境に取り入れるための研究開発を開始いたしました。
2016.06.06 「Hardening 100 Value x Value」に、StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント
2016.11.02 「Hardening 100 Weakest Link」に、StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント
2017.04.01

318台のPCサーバを廃棄
新たに240台の高スペックのPCサーバを追加導入:トータル1,320台

2017.06.24 「Hardening 1010 Cash Fow」に、StarBED内の仮想EC環境を提供 イベント