公開展示・発表事例ライブラリ

StarBED関連のイベント等における記録写真やパネルセッション等の画像をまとめたページです。
サムネール画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。
また、パネルセッション等の画像については、参考資料としてPDFをダウンロードできるものもあります。

  1. 1. Interop Tokyo 2018
  2. 2. ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018
  3. 3. NICTオープンハウス 2017
  4. 4. Interop Tokyo 2017
  5. 5. NICTオープンハウス 2016
  6. 6. Interop Tokyo 2016

  ★2014~2015年のイベントについては、以下のリンクからご確認ください。
   
StarBED3のイベント・ライブラリへ



1. 「Interop Tokyo 2018」/2018.6.13~15<幕張メッセ>

北陸StarBED技術センターは、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスの専門イベント「Interop Tokyo 2018」のJAISTブース(ホール4/ブースNo.4S12)において、StarBEDを活用したJAISTとの共同研究による成果「AOBAKO」「JAIan」の展示・説明を行いました。
「AOBAKO」はBLE(Bluetooth Low Energy)エミュレーションにもとづいて仮想空間で電波を発信する仮想ビーコンシステムで、StarBED内に構築されたBLEエミュレーションシステム「BluMoon」を活用し、会場では操作インタフェース「AOBAKO DESK」・エミュレーションの状況を表示する「AOBAKO SCOPE」・仮想ビーコンが配置されたBLEエミュレーション空間を物理世界に転送した「AOBAKO BOX」を展示し、デモを行いました。
また「JAIan」は、広帯域かつ多数のデバイスを扱う必要があるInterop Tokyoの「ShowNet*」の要求を満たすべく、10Gbps超のSyslogやxFlow等の配信・記録ができるよう構築したシステムで、ブース内の展示に加え、ShowNet内で動態デモンストレーションを行いました。
 ※「AOBAKO」「JAIan」の両デモは『Best of Show Award』デモ部門のFinalistに選ばれ、「JAIan」はグランプリを受賞しました。
:出展社から提供された2600台以上の製品・サービスと、400名以上のトップエンジニア達がこのネットワークの設計・構築・運用のために幕張メッセに集結し、実際的なライブデモンストレーションを行う巨大プロジェクト


2. 「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018」/2018.5.23~25<東京ビッグサイト>

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、YRPアカデミア交流ネットワーク及びYRP研究開発推進協会は、無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級のワイヤレス技術の専門イベント「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」を開催いたしました。
当センターは、WTP2018のNICTブース内において「08:StarBEDにおける無線技術の検証基盤/StarBED as a Wireless Emulation Testbed」のタイトルで、StarBED紹介や利用例のポスター展示とともに『Jonathan』の動態展示を行い、多くの皆様にご来場いただきました。
また、会場では「5G、IoT、AIで拓くFUTURE SOCIETY」をテーマに各分野のリーダや専門家による講演・セミナーが行われ、NICT総合テストベッド研究開発推進センターからテストベッド連携企画室の藤沼室長が登壇し、総合テストベッド及びStarBEDについて発表を行いました。


3. 「NICTオープンハウス 2017」/2017.11.9~10<NICT 小金井本部>

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は小金井本部にて、「NICTオープンハウス2017」を開催。『未来を拓くICT』のテーマで、NICTの5つの研究群*1と委託研究の最新の成果、NICT発ベンチャーの活動、及びオープンイノベーションへの取り組みについて、講演、デモンストレーション、パネル展示、ラボツアー等によりご紹介いたしました。
ここでは、このうち3号館の「オープンイノベーション」コーナーで『IoTの研究開発をサポートする総合テストベッド』という内容で展開された総合テストベッドやStarBEDなどに関する展示・デモを中心に、ライブラリにまとめました。  
  *1:「社会を観る(センシング基盤分野)」「社会を繋ぐ(統合ICT基盤分野)」「社会(価値)を創る(データ利活用基盤分野)」
     「社会を守る(サイバーセキュリティ分野)」「未来を拓く(フロンティア研究分野)」


4. 「Interop Tokyo 2017」/2017.6.07~09<幕張メッセ>

北陸StarBED技術センターは、インターネットとデジタルメディアの専門イベント「Interop Tokyo 2017」のJAISTブース(ホール4/ブースNo.4T13)において、StarBEDを活用したJAISTとの共同研究による成果「Jonathan」を展示・説明を行いました。
「Jonathan」はStarBED内のマルチエージェントシミュレータとSIP通信エミュレーションを連携した可視化のための大規模テストベッド基盤で、デモ映像は当センター(北陸)からInterop会場(幕張)にVPNを通じて配信しました。
  ※「Jonathan」のデモは、『Best of Show Award』デモンストレーション部門のFinalistに選ばれました。


5. 「NICTオープンハウス 2016」/2016.10.27~28<NICT 小金井本部>

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は小金井本部にて、「NICTオープンハウス2016」を開催。NICTの5つの研究分野*1及びオープンイノベーション(委託研究も含む)に関する最新の研究開発成果について、デモンストレーションやパネル展示により幅広く紹介いたしました。
ここでは、このうち1号館で「オープンイノベーション」として展開された総合テストベッドやStarBEDなどに関する展示・デモを中心に、ライブラリにまとめました。  
  *1:「社会を観る(センシング基盤分野)」「社会を繋ぐ(統合ICT基盤分野)」「社会(価値)を創る(データ利活用基盤分野)」
     「社会を守る(サイバーセキュリティ分野)」「未来を拓く(フロンティア研究分野)」


6. 「Interop Tokyo 2016」/2016.6.08~10<幕張メッセ>

NICTは、インターネットとデジタルメディアの専門イベントである「Interop Tokyo 2016」に出展。幕張メッセ のNICTブース(ホール6/ブースNo.6N32)において、「IoTテストベッド利活用によるオープンイノベーションの創出」というテーマでJGN・StarBED4・JOSE/RISEの展示・説明を行いました。
また、JAISTブース(ホール4/ブースNo.4Y11)においても、StarBEDを使ったデモンストレーション「仮想Interop無線NWエミュレーション」を展示・説明を行いました。