研究成果

StarBEDを利用した研究開発の成果の一覧です。
下記カテゴリのリンクをクリックして、ご確認ください。

  1. 1. 研究論文
  2. 2. 収録論文
  3. 3. 雑誌記事等
  4. 4. 著書

★StarBED3プロジェクトの研究成果については、以下よりご確認ください。

   ・StarBED3アーカイブ「研究成果」ページへ

2. 収録論文 <2019.5 更新>

No. 書籍名 タイトル 発表者(共著者) 発表時期
1 第17回インターネットテクノロジー
ワークショップ (WIT2016)
Gigandroid : 多数のスマートフォンを対象としたサービス検証基盤の提案 三輪 信介 2016.05
2 マルチメディア、分散、協調とモバイル
(DICOMO2016)シンポジウム
CROW: OpenFlowを用いた動的webアクセス模倣システム 湯村 翼
(高野 祐輝、安田 真悟、
 宮地 利幸)
2016.07
3 マルチメディア、分散、協調とモバイル
(DICOMO2016)シンポジウム
隠蔽された分散処理環境を透過的に利用可能な基盤の提案 阿部 博
(井上 朋哉、篠田 陽一)
2016.07
4 マルチメディア、分散、協調とモバイル
(DICOMO2016)シンポジウム
次世代サイバー演習環境に向けて 太田 悟史
(安田 真悟、湯村 翼、
 高野 祐輝)
2016.07
5 Asian Internet Engineering Conference
(AINTEC) 2016
NETorium: high-fidelity scalable wireless network emulator Kunio Akashi
(Tomoya Inoue,
 Shingo Yasuda,
 Yuuki Takano,
 Yoichi Shinoda)
2016.12

StarBEDを利用した研究開発の成果の一覧です。
下記カテゴリのリンクをクリックして、ご確認ください。

  1. 1. 研究論文
  2. 2. 収録論文
  3. 3. 雑誌記事等
  4. 4. 著書

★StarBED3プロジェクトの研究成果については、以下よりご確認ください。

   ・StarBED3アーカイブ「研究成果」ページへ

2. 収録論文 <2019.5 更新>

No. 学会名 タイトル 発表者(共著者) 発表時期
1 情報処理学会第55回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 IoTテストベッドのためのBluetoothエミュレーション基盤の設計 湯村 翼
(明石 邦夫、井上 朋哉)
2017.08
2 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017(JAWS2017) Jonathan: テストベッドにおいてマルチエージェントシミュレータと通信エミュレータを連携する基盤の開発 湯村 翼
(榎本 真俊、押川 侑樹、
 井上 朋哉、宮地 利幸)
2017.09
3 2017 European Conference on Electrical Engineering and Computer Science (EECS) Ditto Subsystem : A Case Study for Building Experiment Environment in StarBED Using TopDL Masatoshi Enomoto
(Tomoya Inoue,
 Kunio Akashi,
 Shinsuke Miwa,
 Toshiyuki Miyachi,
 Daisuke Miyamoto)
2017.11
4 2018 International Workshop on Pervasive Flow of Things (PerFoT 2018) BluMoon: Bluetooth Low Energy Emulation System with Software-Implemented Controller Tsubasa Yumura
(Kunio Akashi,
 Tomoya Inoue)
2018.03

StarBEDを利用した研究開発の成果の一覧です。
下記カテゴリのリンクをクリックして、ご確認ください。

  1. 1. 研究論文
  2. 2. 収録論文
  3. 3. 雑誌記事等
  4. 4. 著書

★StarBED3プロジェクトの研究成果については、以下よりご確認ください。

   ・StarBED3アーカイブ「研究成果」ページへ

2. 収録論文 <2019.5 更新>

No. 学会名 タイトル 発表者(共著者) 発表時期
1 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会 超大規模無線実験のための無線ネットワークエミュレータの設計 明石 邦夫
(橋本 光世、井上 朋哉、
 宮地 利幸)
2018.09
2 The 2018 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UBICOMP 2018) AOBAKO: A Testbed for Context-Aware Applications with Physicalizing Virtual Beacons Tsubasa Yumura
(Masatoshi Enomoto,
 Kunio Akashi,
 Futoshi Hirose,
 Tomoya Inoue,
 Satoshi Uda,
 Toshiyuki Miyachi,
 Yasuo Tan,
 Yoichi Shinoda)
2018.10
3 電子情報通信学会知的環境とセンサネットワーク研究会 センサIoTデバイスのエミュレーションの抽象化に関する研究 広瀬 太志
(湯村 翼、篠田 陽一)
2019.03